鍵開けを依頼した後はしっかりと車のカギを管理しよう

車のカギトラブルを防ぐために~鍵開けの負担を減らす~

車のドアと鍵

カギのトラブルを防ぐためには、カギの紛失や破損を無くさないといけません。しっかりと対策を行う意識を持てばトラブルを防ぐことができます。ここでは自分でできる対策方法を紹介していきます。鍵のトラブルを防ぎたい人は参考にしましょう。

今からできる対策方法


紛失を防ぐ方法は?
紛失を防ぐには、カバンに鍵を繋げるチェーンを付けると落とすことはありません。また、最近はスマホと連動しキーホルダーがあり、カギを紛失した際にスマホの操作でキーホルダーについたブザーを鳴らすことができる物もあります。
スペアキーの保管方法は?
スペアキーがあることで、普段使用しているカギを管理する気持ちが薄れます。必要以上のカギを作らないようにしましょう。万が一カギを紛失した場合にスペアキーがあるとそれを使用することがあります。スペアキーを使用し続けると紛失したカギで家に侵入される危険があります。カギを紛失したら、鍵交換をした方がいいです。
どこにカギを置いたのか忘れてしまいます
普段からカギを置く場所がバラバラな人は、急いでいるときにカギが見つからずに困ります。そのような人は、カギの置き場所を決めましょう。カギの置き場所を決めることで慌ててカギを探すことはなくなります。ごちゃごちゃした場所ではなく、スッキリと分かりやすい場所を置き場所に決めましょう。

カギの紛失を防ぐためには管理意識を持って対策をすると良いでしょう。対策を普段の生活に取り入れて、保管場所を習慣化することでカギがないと慌てることもなくなります。カギの紛失は犯罪にも繋がるため、しっかりと意識して管理しましょう。

業者に相談するのも手

イモビライザー搭載車の場合は、自分で解決することは難しいため、プロに相談することをお勧めします。プロの業者に依頼すれば防犯対策キー作成することもできます。車のカギのトラブルでも気軽に業者に連絡し鍵開けを依頼しましょう。

TOPボタン